新車レガシィツーリングワゴンでドライブ

新車レガシィツーリングワゴンでドライブ

新車レガシィーツーリングワゴンで養老渓谷・麻綿原高原をドライブしました。
ドライブの日はあいにくの雨でしたが、そんな悪天候にもかかわらずスバル独自のAWDシステムシンメトリカルAWDによって、養老渓谷までの山道、麻綿原高原の狭小路も安心して快適なドライビングが楽しめました。

 

X-MODEスイッチをONにすることによりさらに安心して走ることができました。
下り坂ではヒルディセントコントロールが作動して、下りでも一定の車速を維持してくれて、濡れた路面のブレーキ操作に気を使うことなく運転できました。

 

コーナーや山道で水平対向エンジンの強い足まわりを実感できました。
ロングドライブにもかかわらず、あまり疲れを感じなかったのはテレスコピックステアリングによって体に合った適切なポジショニングに調整できていたからです。

 

肩まできちんとサポートされたシートがドライビングの疲れを軽減してくれました。
ヒーテッドドアミラーにより視野も確保されていました。

 

レガシィーツーリングワゴンには3つの走行性能があります。
今回はSportモードで走行しワインディングや高速道路もストレスなく運転できました。

 

http://xn--cx5-fu0e369d.sakura.ne.jp/

 

 


関連ページ

ハリアーで勝尾寺から箕面の滝コースをドライブ
ハリアーで勝尾寺から箕面の滝コースをドライブ。ドライブニュース。車高短ブギは、車のポータルサイト。

このページの先頭へ戻る